カウント毎の打撃成績の推移とストライクを増やす価値

 通常、ストライクカウントが先行すれば投手優位とされるし、ボールカウントが先行すれば打者優位とされる。

 実際にはボールカウントとストライクカウントが進行していくにつれてどの程度打率等の成績が変化していくのか確認してみようと思う。

カウント毎の打撃成績の推移

 以下の表は2015年から2017年までのカウントごとの打撃成績の推移を表したもの。

 そのカウントで打者が打ちにいった(打席結果があった)際の成績ではなく、カウントを経過した全ての打席が含まれる。
 つまり、カウント0-0は3年間で計測した全ての打席が含まれる。言い換えれば、これがこの3年間の両リーグあわせた打者の平均値でもある。

カウントAVGOBPSLGOPSBB%K%HR%ISOBABIPGB%HR/FBwOBA
0 - 0.253.321.376.6978.3%19.2%2.1%.123.29849.4%6.9%.321
0 - 1.225.269.318.5874.9%26.6%1.5%.093.29651.4%5.6%.272
0 - 2.169.199.226.4252.9%41.8%0.9%.057.28654.7%4.4%.200
1 - 0.268.378.413.79114.2%15.6%2.5%.144.30147.2%7.9%.363
1 - 1.238.307.346.6538.5%23.3%1.8%.108.30049.5%6.4%.303
1 - 2.185.230.253.4835.0%37.8%1.1%.068.29452.8%4.9%.227
2 - 0.288.508.463.97129.8%11.6%2.6%.175.31345.3%9.6%.442
2 - 1.255.392.384.77618.0%18.5%2.0%.129.30647.6%7.4%.362
2 - 2.202.295.283.57811.1%32.1%1.2%.081.30150.5%5.5%.275
3 - 0.294.754.4751.22863.7%6.1%1.4%.180.32043.9%9.6%.561
3 - 1.275.597.4391.03644.3%11.1%1.9%.164.31245.2%9.4%.482
3 - 2.222.460.323.78330.4%22.9%1.3%.101.31148.6%6.7%.381

 この表の意味するところとしては、平均的な打者(というのがいたとして)が打席に入った際もっている打率の期待値は.253である。それが、0ボール1ストライクになると.225に下がり、さらにストライクが増え0ボール2ストライクになると打率の期待値は.169まで下がる。

 逆にボールが先行していって2ボール0ストライクになれば打率の期待値は.288に上がり、OPSは.971は強打者のそれである。
 特にボール先行カウントになるとHR%、BABIP、HR/FB%が上昇し、打者側が強くスイングしやすいカウントであることがうかがえる。

 このようにカウントをブレークダウンして見ていくことで、そのカウントでの平均的な期待値がわかる。

 基本的に打者側はストライクが増えるごとに期待値が下がり、ボールが増えるごとに期待値があがるということだ。

ストライクを増やすことの得点価値

カウント見逃しwOBAストライクボール得点価値
0 - 0138904.321-.038.032.069
0 - 153889.272-.055.023.079
0 - 223715.200-.154.021.174
1 - 046822.363-.046.061.106
1 - 138395.303-.058.045.103
1 - 230363.227-.174.037.211
2 - 016895.442-.061.091.152
2 - 117309.362-.067.092.159
2 - 219744.275-.211.081.292
3 - 07983.561-.060.093.153
3 - 18493.482-.078.153.231
3 - 29276.381-.292.231.523

 先ほどの表で見たように、ストライクやボールのカウントの増減によって打撃の期待値は変化する。それをwOBAでまとめたのが上記の表になる。

 例えば、カウント0-0からストライクカウントが増えて0-1に変化することでwOBAは.321から.272に推移する。これを得点価値に直すと、(.272-.321)÷wOBAの補正値で-.038となる。0-0からボールカウントが増えて1-0になった場合は、(.363-.321)÷wOBAの補正値で+.032。つまり、投手側からみた場合、0-0のカウントからボールカウントが増える代わりにストライクカウントが一つふえることの得点価値は.069となる。

 表中の見逃しは打者がスイングせずに見逃してストライクもしくはボールになった投球数で、これによって前述の得点価値を重み付けして、平均的なストライクを一つ増やすことの得点価値を計算する。

 平均的なボールになる代わりにストライクを一つ増やすことの得点価値は.127となる。

 ちなみに、以前のフレーミングについての記事では、こうして計算したストライクの得点価値をフレーミングによる利得として使っている。

ahoudata.hatenadiary.jp

カウント別のPlate Discipline

 カウント”別”のPlateDisciplineをまとめてみた。

カウントO-Swing%Z-Swing%Swing%O-Contact%Z-Contact%Contact%Zone%SwStr%
0 - 013.6%42.7%28.7%49.9%86.5%78.2%51.8%6.3%
0 - 121.6%69.7%41.2%52.7%88.1%77.1%40.7%9.5%
0 - 221.0%76.5%31.5%40.7%76.4%57.1%18.8%13.5%
1 - 021.6%56.9%41.9%53.3%87.8%80.3%57.6%8.3%
1 - 129.6%75.6%53.2%54.3%88.3%79.1%51.3%11.1%
1 - 231.1%84.2%47.8%42.3%78.8%62.6%31.5%17.9%
2 - 017.4%49.5%36.7%54.8%88.1%81.8%60.3%6.7%
2 - 131.4%77.3%58.3%57.4%88.4%81.5%58.7%10.8%
2 - 235.9%88.0%57.6%45.0%80.7%67.7%41.6%18.6%
3 - 03.3%12.5%8.7%55.0%89.3%83.9%58.4%1.4%
3 - 123.2%64.6%48.9%64.3%90.1%85.5%62.1%7.1%
3 - 236.5%88.5%63.3%48.0%83.0%73.3%51.6%16.9%

 先ほどまでの表はそのカウントを経過した全ての打席だったが、こちらはそのカウントでの結果を表したもの。

 基本的にストライクカウントが増えるとボールゾーンスイング率(O-Swing%)があがる。
 例外的に思えるのが0-2のカウントで、これはおそらく0ボール2ストライクのカウントでは投手側が”一球外す”ことが多いからではないか。Zone%(ストライクゾーンに投げた割合)が極端に低くなっている。

 逆に2-0のカウントと2-1のカウントを比較して、2-0のカウントでは打者側が"一球待つ"という現象がありそうだ。

 ここでは一球外したり待ったりの是非については特に考えないので、数字を確認するだけに留めておく。

強打者のカウント毎のスタッツ推移

 2015年から2017年まで1000打席以上、wRC+上位の3人をピックアップした。

柳田 悠岐

カウントAVGOBPSLGOPSBB%K%HR%ISOBABIPGB%HR/FBwOBA
0 - 0.328.448.5841.03215.7%19.1%4.9%.256.37650.8%19.4%.456
0 - 1.276.366.474.84011.2%29.0%3.8%.197.37254.0%17.9%.388
0 - 2.191.242.289.5316.3%48.3%1.7%.098.37157.8%11.4%.251
1 - 0.359.535.6541.19025.0%15.6%5.3%.295.39646.1%21.0%.507
1 - 1.305.435.526.96117.8%22.7%3.9%.221.38151.9%17.4%.434
1 - 2.229.335.337.67213.6%38.6%1.5%.108.39459.6%10.0%.315
2 - 0.341.660.6291.28945.2%12.5%3.6%.288.38347.6%22.0%.543
2 - 1.303.509.5111.02028.4%18.3%3.1%.207.37350.2%14.9%.465
2 - 2.238.404.361.76521.5%33.1%1.7%.123.38953.2%9.8%.358
3 - 0.333.898.6671.56582.1%7.1%1.2%.333.50055.6%50.0%.638
3 - 1.278.743.5971.34063.9%10.9%2.5%.319.33342.0%22.7%.585
3 - 2.235.595.312.90746.7%21.2%0.0%.076.39258.8%0.0%.460

筒香 嘉智

カウントAVGOBPSLGOPSBB%K%HR%ISOBABIPGB%HR/FBwOBA
0 - 0.307.408.569.97814.1%18.4%5.6%.262.33536.6%15.3%.429
0 - 1.266.340.459.7999.6%27.2%4.2%.193.33638.2%13.2%.359
0 - 2.252.312.463.7767.6%39.2%5.5%.211.37544.0%21.0%.354
1 - 0.327.474.6241.09821.5%13.5%5.6%.296.33536.5%15.6%.475
1 - 1.282.385.479.86414.3%24.8%4.0%.197.35337.3%13.4%.384
1 - 2.215.299.367.66610.8%38.1%3.2%.152.33342.2%13.3%.306
2 - 0.370.620.7341.35438.5%7.4%5.3%.364.35839.5%18.8%.567
2 - 1.299.472.5341.00624.6%19.8%4.3%.236.35435.0%14.4%.446
2 - 2.220.355.348.70317.1%33.5%1.8%.128.34742.2%7.7%.329
3 - 0.421.815.8161.63166.1%7.0%2.6%.395.48136.7%17.6%.636
3 - 1.309.650.6731.32248.8%13.4%5.1%.364.32937.0%25.0%.553
3 - 2.232.513.364.87735.9%24.8%1.7%.132.35336.7%8.6%.417

鈴木 誠也

カウントAVGOBPSLGOPSBB%K%HR%ISOBABIPGB%HR/FBwOBA
0 - 0.310.384.547.93110.3%15.5%4.7%.237.32837.7%11.8%.415
0 - 1.296.338.485.8246.0%22.6%3.3%.189.35740.0%9.0%.372
0 - 2.247.284.418.7024.7%36.1%3.6%.171.35538.4%11.8%.319
1 - 0.327.434.6071.04115.9%11.8%5.7%.280.32236.0%13.9%.454
1 - 1.271.339.441.7809.1%22.1%2.7%.170.33039.7%7.5%.355
1 - 2.232.285.376.6616.5%35.2%3.0%.144.33741.3%10.1%.306
2 - 0.440.609.9311.54030.6%5.2%9.5%.491.37830.9%23.7%.626
2 - 1.317.440.6161.05518.1%13.0%6.0%.299.31335.4%15.6%.465
2 - 2.269.357.414.77111.8%25.4%2.4%.145.35338.2%7.3%.358
3 - 0.440.795.6401.43563.9%4.2%1.4%.200.45543.5%7.7%.600
3 - 1.312.621.6361.25745.5%7.6%4.1%.325.29027.9%13.6%.536
3 - 2.241.479.391.87031.4%21.1%2.1%.150.31834.8%7.7%.413

 一つ注目点としては、筒香と鈴木の場合、0-2カウントと1-2カウントを比較して、1-2カウントの方がwOBAが低くなっている点だ。これは0-2カウントの打席数が少ないので単なる偶然である可能性も高いし、どの経路で1-2になったのかにもよるのだが、もしかするとある種の打者に対しては、先ほどの”一球外す”ことが有効である可能性もないこともないのかもしれない。