各球団の新外国人選手と補強状況 セ・リーグ(2018)

各球団の支配下選手数と総年俸

Seasonチーム支配下選手
2017
支配下選手
2018
ドラフト新規加入チーム総年俸
2017
チーム総年俸
2018
2017-2018巨人7063824,5764,862 (+286)
2017-2018阪神6966643,3403,638 (+298)
2017-2018広島6967612,4072,692 (+285)
2017-2018ヤクルト6765853,0572,688 (-369)
2017-2018DeNA6766952,4102,683 (+273)
2017-2018中日7064642,3432,185 (-158)

 まず各球団の支配下選手数と総年俸を確認しておく。

 一般論としては、支配下枠ぎりぎりの70人で開幕を迎える球団はなく、67人前後くらいで開幕する球団が多いと思われる。そう考えた場合、現時点で枠に余裕があると思われるのが、ジャイアンツ、ドラゴンズといったところだろう。

 また、予算の面から見ると、スワローズとドラゴンズは昨年から総年俸を減らしており、スワローズはコスト圧縮の最中という感じかもしれないが、ドラゴンズの方は多少余裕があるのではないか。

新外国人選手

  • 名前の*は左打ちもしくは左投げ、+は両打ち。
  • 表最下段の太字2018(P)は来シーズンの予測値。海外リーグの成績をNPBの成績に換算する方法や予測値の計算方法については以下の記事にざっくり書いた。

ahoudata.hatenadiary.jp

ahoudata.hatenadiary.jp

  • 投手予測値のERAはFIPの予測値(括弧内はFIP-)。

ヤクルト

デビッド・ハフ (David Huff)*, SP
SeasonLgAgeGGSIPERA*K%BB%K-BB%HR%BABIP
2015NL31316.09.0013.3%3.3%10.0%6.7%.409
2015PCL3123457.12.2019.5%3.6%15.8%1.8%.271
2016AL32225.111.819.4%6.3%3.1%12.5%.391
2016KBO32131174.23.1315.4%3.0%12.4%0.7%.290
2016PCL3212023.24.1829.3%2.0%27.3%3.0%.400
2016PCL326628.26.9116.9%6.6%10.3%3.7%.374
2017KBO331917124.22.3820.0%2.9%17.1%1.4%.251
2018(P)CL342521116.03.57(94)18.8%5.8%13.0%2.8%.298
マット・カラシティー (Matt Carasiti), RP
SeasonLgAgeGGSIPERA*K%BB%K-BB%HR%BABIP
2016NL2519015.29.1920.5%13.3%7.2%1.2%.471
2016PCL25607.00.0020.0%8.0%12.0%0.0%.118
2017PCL2627030.12.3732.3%9.8%22.6%0.8%.395
2017PCL2619019.14.6629.8%11.9%17.9%1.2%.354
2018(P)CL2756057.03.63(96)23.0%9.8%13.2%2.5%.318

 ハフはMLBの実績も豊富なベテランの左腕。昨シーズンまではKBO所属。与四球の少ないタイプ。守備のサポートさえあればそれなりに活躍するのではないかと思う。あとは被本塁打をどのくらい抑えられるか。

 カラシティはリリーフタイプ。スタッツ的には与四球がやや多い。

 その他、ドラゴンズを自由契約で退団したジョーダンを獲得。

DeNA

ネフタリ・ソト (Neftali Soto), 1B/LF
SeasonLgAgePABB%K%HR%ISOBABIPAVGOBPSLGOPS
2015IL2623113.0%17.4%0.9%.060.297.246.343.307.650
2016IL271192.5%20.2%0.0%.061.341.270.294.330.625
2017IL282865.6%17.6%4.9%.224.313.293.343.517.860
2018(P)CL293616.8%21.6%4.9%.211.320.281.340.491.831

 昨シーズン、HR%が急に伸びた。

 ベイスターズはソトの他にも独立リーグから元ホークスのバリオスを獲得。

中日

スティーブン・モヤ (Steven Moya)*, RF
SeasonLgAgePABB%K%HR%ISOBABIPAVGOBPSLGOPS
2015AL242512.0%40.0%0.0%.091.333.182.280.273.553
2015IL245355.1%30.3%3.7%.180.312.240.283.420.703
2016AL251005.0%38.0%5.0%.245.365.255.290.500.790
2016IL254263.1%22.6%4.7%.218.327.284.310.501.811
2017IL261626.2%37.9%4.3%.179.217.166.222.344.567
2018(P)CL274086.5%31.2%5.6%.240.343.273.326.520.846
ソイロ・アルモンテ (Zoilo Almonte)+, LF/DH
SeasonLgAgePABB%K%HR%ISOBABIPAVGOBPSLGOPS
2016MEX274268.3%17.7%4.7%.207.311.288.350.495.845
2016MEX273212.5%6.3%0.0%.071.269.250.344.321.665
2017MEX284977.8%17.2%3.1%.181.410.355.421.536.957
2018(P)CL295076.4%25.3%2.2%.123.327.255.310.379.689
オネルキ・ガルシア (Onelki García)*, SP/RP
SeasonLgAgeGGSIPERA*K%BB%K-BB%HR%BABIP
2015IL2625038.14.7026.4%12.1%14.3%1.6%.389
2016MEX2714333.03.8222.4%6.0%16.4%1.5%.280
2017AL28216.013.506.3%15.6%-9.4%6.3%.435
2017PCL28201075.05.0418.7%8.9%9.8%1.8%.333
2018(P)CL29321490.03.81(110)18.2%9.5%8.7%2.0%.306

 ドラゴンズは、モヤ、アルモンテ、ガルシアの三選手を獲得。

 モヤは粗いがパワーがあるタイプ。おそらくかなり三振をすると思うが、ベンチが我慢して起用することができるか。

 アルモンテは実力未知数。ガルシアはスタッツ的には微妙。

 支配下、予算的にもまだ余裕があるはずなので、もしかすると今後、もう少しキャリアのある外国人選手の補強があるのかもしれない。

広島

レオネル・カンポス (Leonel Campos), RP
SeasonLgAgeGGSIPERA*K%BB%K-BB%HR%BABIP
2015NL28101.09.0020.0%20.0%0.0%0.0%.333
2015PCL2838049.22.9034.2%10.6%23.6%1.0%.259
2016NL2918022.05.7324.5%12.2%12.2%3.1%.268
2016PCL2937050.04.3228.4%13.8%14.7%0.9%.363
2017AL3013013.22.6325.0%13.3%11.7%3.3%.265
2017IL3026032.21.6529.5%10.6%18.9%1.5%.234
2018(P)CL3151053.03.55(99)22.8%10.8%12.0%2.0%.292

 位置づけ的にはブレイシアの代わりというところだろう。

阪神

ウィリン・ロサリオ (Wilin Rosario), 1B
SeasonLgAgePABB%K%HR%ISOBABIPAVGOBPSLGOPS
2015NL262422.5%23.4%2.5%.147.329.268.295.416.710
2015PCL261553.2%20.0%4.5%.236.336.297.329.534.863
2016KBO275325.7%17.0%6.3%.272.337.321.367.593.961
2017KBO285109.1%12.1%7.3%.321.324.339.414.6611.074
2018(P)CL295227.6%18.8%4.3%.223.351.313.371.539.910
ディエゴ・モレノ (Diego Moreno), RP
SeasonLgAgeGGSIPERA*K%BB%K-BB%HR%BABIP
2015AL284010.15.2317.8%6.7%11.1%2.2%.258
2015IL2826453.22.1820.3%7.7%12.6%0.5%.257
2016IL2928249.05.1423.9%7.8%16.1%2.3%.350
2017AL30505.24.7623.1%7.7%15.4%3.8%.313
2017IL309012.10.7322.2%4.4%17.8%2.2%.219
2017IL3011016.11.1028.3%5.0%23.3%0.0%.225
2018(P)CL3141044.03.39(99)20.5%7.9%12.6%1.9%.289

 タイガースはロサリオの出来次第で順位が一つ変わるだろう。ロサリオが期待通りに打てば上の順位にいくし、ダメなら下にいく。
 スタッツや過去の実績からすれば間違いのないところだとは思うが。