球種別被打率

 球種ごとの被打率をまとめる。

 データは2015年から2017年まで。

球種別被打率

右投手

球種%VelK%BB%HR%BABIPISOGB%HR/FB%AVGwOBA
ストレート46.9%143.516.2%9.8%2.3%.307.14045.0%6.8%.269.347
シュート7.1%141.09.6%7.1%1.7%.304.10861.7%7.1%.287.345
カットボール4.8%136.215.6%7.4%2.3%.282.12552.3%7.5%.253.321
カーブ8.1%116.421.2%5.2%1.9%.308.11152.6%6.9%.253.304
スライダー18.8%129.420.9%6.7%2.3%.285.12346.6%7.0%.239.304
チェンジアップ3.8%128.419.9%5.9%1.8%.286.10451.3%6.2%.240.292
フォーク9.6%133.832.1%5.6%1.2%.287.07659.6%6.0%.199.246
シンカー1.0%130.116.1%5.2%1.9%.283.09959.6%7.6%.251.299
球種O-Swing%Z-Swing%Swing%O-Contact%Z-Contact%Contact%Zone%SwStr%
ストレート21.1%66.7%45.9%74.2%88.9%85.8%54.3%6.5%
シュート26.1%70.4%48.6%67.1%92.6%85.8%50.7%6.9%
カットボール30.3%69.3%49.7%53.9%88.3%77.7%49.7%11.1%
カーブ25.1%51.7%36.9%53.1%90.0%76.0%44.3%8.9%
スライダー29.6%61.8%45.3%48.6%85.8%73.3%48.6%12.1%
チェンジアップ35.1%74.2%52.6%52.1%80.9%70.3%44.8%15.6%
フォーク42.2%79.8%54.5%45.5%86.2%65.0%32.7%19.1%
シンカー36.7%72.5%52.5%57.3%87.5%75.8%44.3%12.7%

 右投手で最も打たれにくいのはフォークボール
 最もボール球を振らせることができ、最も空振りを奪うことができる。長打も打たれにくい。

 昨今、ある意味では流行のシュート(ツーシーム)はゴロを打たせることができる反面、最も被打率の高い球種でもある。

 チェンジアップ、フォーク、シンカーなど落ちる系のボールは他の球種に比べると長打(ISO)を防ぎやすい傾向があるようだ。

左投手

球種%VelK%BB%HR%BABIPISOGB%HR/FB%AVGwOBA
ストレート49.1%139.516.5%10.9%2.4%.303.14244.1%7.2%.265.351
シュート5.3%136.48.0%6.7%1.7%.308.10863.6%7.4%.295.347
カットボール3.3%132.018.2%7.6%2.8%.301.14351.6%9.6%.263.338
カーブ5.1%111.416.9%5.0%1.9%.282.10952.7%6.7%.247.297
スライダー22.3%124.920.5%6.7%2.0%.290.11449.3%6.6%.242.306
チェンジアップ9.2%125.024.3%6.0%1.9%.282.10852.5%7.1%.224.282
フォーク4.3%130.028.6%5.6%1.2%.291.07261.1%6.0%.212.251
シンカー1.2%124.818.4%4.0%2.0%.284.10456.8%7.5%.245.286
球種O-Swing%Z-Swing%Swing%O-Contact%Z-Contact%Contact%Zone%SwStr%
ストレート20.2%64.0%44.0%75.2%88.6%85.8%54.5%6.3%
シュート24.9%69.1%47.2%71.1%92.1%86.6%50.4%6.3%
カットボール31.7%67.2%49.5%53.2%90.3%78.4%50.0%10.7%
カーブ21.9%48.5%33.2%55.5%90.4%77.1%42.5%7.6%
スライダー29.6%61.4%44.9%51.5%87.8%75.5%48.3%11.0%
チェンジアップ37.1%74.3%50.7%51.4%82.2%67.9%36.5%16.3%
フォーク43.3%81.2%55.3%51.8%89.3%69.3%31.7%17.0%
シンカー41.6%74.7%52.6%64.3%88.9%75.9%33.1%12.7%

 左投手も右投手同様、最も打たれにくいのがフォークボールということになる。基本的な傾向は右投手と変わらないようだ。

球種別被打率(ストライクゾーン内)

 ストライクゾーン内の投球だった場合のデータ。

右投手

球種%VelK%BB%HR%BABIPISOGB%HR/FB%AVGwOBA
ストレート51.5%143.415.8%0.0%2.8%.313.15145.1%7.2%.284.322
シュート7.3%141.16.0%0.0%2.2%.315.12560.5%7.7%.313.340
カットボール4.9%136.29.9%0.0%3.1%.291.15150.5%8.4%.286.328
カーブ7.2%116.011.7%0.0%2.7%.310.14351.2%7.8%.294.329
スライダー18.4%129.312.9%0.0%3.1%.294.15644.6%7.7%.280.322
チェンジアップ3.4%128.111.1%0.0%2.8%.290.14349.9%7.5%.279.317
フォーク6.3%133.513.5%0.0%2.2%.298.12856.8%7.6%.276.306
シンカー0.9%129.86.9%0.0%2.9%.282.13657.9%9.3%.286.319
球種O-Swing%Z-Swing%Swing%O-Contact%Z-Contact%Contact%Zone%SwStr%
ストレート0.0%66.7%66.7%0.0%88.9%88.9%100.0%7.4%
シュート0.0%70.4%70.4%0.0%92.6%92.6%100.0%5.2%
カットボール0.0%69.3%69.3%0.0%88.3%88.3%100.0%8.1%
カーブ0.0%51.7%51.7%0.0%90.0%90.0%100.0%5.2%
スライダー0.0%61.8%61.8%0.0%85.8%85.8%100.0%8.7%
チェンジアップ0.0%74.2%74.2%0.0%80.9%80.9%100.0%14.2%
フォーク0.0%79.8%79.8%0.0%86.2%86.2%100.0%11.0%
シンカー0.0%72.5%72.5%0.0%87.5%87.5%100.0%9.0%

 ストライクゾーン内ということは変化球では失投になったケースが先ほどの全体のデータよりは多く含まれることになるだろう。

 シュートはとにかく被打率が高い。ゆえに最も非生産的な球種でもあり得る。

 長打リスクという意味では、失投になった際もっとも危険な球種はスライダーとカットボール。ホームランになる割合が他の球種に比べて高い。

 カーブはこれらの球種のなかではストライクゾーンであっても最も見逃されることが多い球種である。

左投手

球種%VelK%BB%HR%BABIPISOGB%HR/FB%AVGwOBA
ストレート54.4%139.416.9%0.0%3.0%.312.15344.0%7.6%.280.320
シュート5.5%136.45.3%0.0%2.3%.323.12761.9%8.4%.323.348
カットボール3.4%132.110.9%0.0%3.9%.310.17749.6%10.6%.304.356
カーブ4.4%111.410.6%0.0%2.5%.281.13052.5%7.5%.271.304
スライダー21.9%124.811.9%0.0%2.8%.296.14347.2%7.2%.282.323
チェンジアップ6.8%124.812.0%0.0%3.1%.307.16149.0%8.6%.295.340
フォーク2.8%130.210.8%0.0%2.2%.309.11857.2%7.6%.293.316
シンカー0.8%124.47.0%0.0%3.5%.299.16753.9%10.3%.304.349
球種O-Swing%Z-Swing%Swing%O-Contact%Z-Contact%Contact%Zone%SwStr%
ストレート0.0%64.0%64.0%0.0%88.6%88.6%100.0%7.3%
シュート0.0%69.1%69.1%0.0%92.1%92.1%100.0%5.5%
カットボール0.0%67.2%67.2%0.0%90.3%90.3%100.0%6.5%
カーブ0.0%48.5%48.5%0.0%90.4%90.4%100.0%4.7%
スライダー0.0%61.4%61.4%0.0%87.8%87.8%100.0%7.5%
チェンジアップ0.0%74.3%74.3%0.0%82.2%82.2%100.0%13.2%
フォーク0.0%81.2%81.2%0.0%89.3%89.3%100.0%8.7%
シンカー0.0%74.7%74.7%0.0%88.9%88.9%100.0%8.3%

 左投手ではカットボールの失投が最も危険な球であるといえる。HR%も4%近くあるし、HR/FB%にいったっては10%を超えている。

 wOBAベースで考えれば、左投手にとって最も失投リスクの低い球種はカーブということになるだろう。